忍者ブログ
< 08月 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930 | 10月 >
Home > カテゴリー > 林田力コミック

松井優征『暗殺教室』

2012年11月25日

松井優征『暗殺教室』は地球の破壊を予告するタコ型の謎生物「殺せんせー」が進学校の落ちこぼれクラスの教師になり、生徒達は日本政府の依頼で教師の暗殺を目論むという漫画である。週刊少年ジャンプに連載されている。

無茶苦茶な設定であるが、読ませる内容になっている。私立椚(くぬぎ)ヶ丘中学校は進学校であったが、3年E組は落ちこぼれ生徒を集めたクラスである。E組の生徒達は様々な面で差別され、自信喪失していた。「殺せんせー」は立派に教師をしており、E組の生徒達も向学心を取り戻していく。

『暗殺教室』の特徴が「殺せんせー」の特異なキャラクターにあることは言うまでもない。加えて落ちこぼれクラスの生徒達を普通の子ども達としている点も大きな成功要因である。かつては落ちこぼれと言えばヤンキーと決まっていた。しかし、ヤンキーでは読者は感情移入できない。ヤンキーは他の生徒に迷惑を及ぼす有害な存在である。むしろ落ちこぼれクラスに隔離することが正しい教育施策と受け止められかねない。
http://book.geocities.jp/hedomura/mccmccmcc3.html

また、ヤンキーの更正物語は使い古された筋書きであり、新鮮味に欠ける。もともと日本社会はヤンキーという迷惑かつ恥ずかしい存在に対して寛大過ぎた。ヤンキーには荒れるだけの原因や理由があるかもしれない。それ故に非行を理由にヤンキーを退学処分にすることが教育者として責任放棄であるかのようなナイーブな論調も出てくる。

しかし、ヤンキーに荒れる原因があるとしても、ヤンキーが暴走行為などで他人に迷惑をかけることを正当化する理由にはならない。他の生徒の教育環境を維持するという視点に立つならば、ヤンキーの事情を無視して問答無用に排除することが教育者として正しい解決策になる。
http://www.hayariki.net/7/49.htm
他の生徒の迷惑を省みず、教育者にヤンキーの抱える問題に向き合わせることを期待することは、ヤンキーの甘えであり、自己中心主義である。相手がヤンキーだからといって、相手に一目置き、相手の心情を理解して向き合わなければならない理由はない。むしろヤンキーの暴言を逆手にとって硬直的な対応をした方が、ヤンキーに甘えを自覚させることができる(林田力「AKB48「カチューシャ」PVで教師役の篠田麻里子の教育的センス」PJニュース 2011年6月3日)。ヤンキーは甘ったれでしかない。周囲がヤンキーの苛立ちや不満を汲み取って温かい目で見守ることは完全な誤りである。

『暗殺教室』の落ちこぼれクラスには問題児はいても、ヤンキーはいない。後の修学旅行編で登場した他校生徒のようにヤンキーは徹底的に外道に描かれている。残念なことに日本のエンタメでは恥ずかしい存在であるヤンキーを持ち上げる作品も少なくないが、『暗殺教室』は異なる。ヤンキーを排除する健全な道徳観が背後に存在することが、一見すると反道徳的な『暗殺教室』を楽しめる要因である。
PR
▲page top

浦沢直樹『BILLY BAT(10)』v 林田力 wikiレビュー

2012年09月26日

浦沢直樹著、長崎尚志ストーリー共同制作者『BILLY BAT』は歴史的事件の背後に存在するコウモリ・ビリーバットの謎を描くミステリー作品である。『モーニング』に連載中である。

『BILLY BAT(10)』は日本での巻物探しと米国の日本人街での日本人連続殺人事件という現在と過去の二つの物語が同時進行する。『BILLY BAT』はイエス・キリストの磔刑や戦国時代など様々な時代に飛んでいたが、この巻では過去と現在に絞られており、分かりやすい。
http://www.hayariki.net/7/7.htm
ストーリーも悪そうなキャラクターは結局のところ、悪人であるという明白な真理を述べており、分かりやすい。これは東急不動産だまし売り裁判で東急リバブル東急不動産と闘った林田力にとって納得できるものである(林田力『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』)。
http://www.facebook.com/riki.hayashida

一方で下山事件の真犯人やアポロ計画の捏造(人類は月に行っていなかった)など現代史のミステリーは後景に退いた。どのように物語が収斂するのか、注目である。
▲page top

『AKB49 恋愛禁止条例(9)』 v 林田力 wiki

2012年09月02日

『AKB49 恋愛禁止条例(9)』では浦川みのり、吉永寛子、岡部愛のユニット「GEKOKU嬢」の活動が本格始動する。AKBの物語というよりも、新人アイドルのデビュー物語としての性格が色濃くなった。

ここではライバル役のアイドルが登場し、GEKOKU嬢を潰しにかかる。岡部愛への因縁という謎も提示される。ライバル役のアイドルの存在はフィクション性を増大させている。現実のAKBは今や押しも押されもせぬトップアイドルである。ハロプロと異なり、メンバーを複数事務所に所属させることで、芸能界に敵を作らないようにしている。

このライバル役は非常に性格が悪い。客を喜ばせることを考えるGEKOKU嬢との対称性を際立たせ、対決を盛り上げる演出である。住まいの貧困に取り組む市民運動と貧困ビジネスのゼロゼロ物件の闘いのように。東急不動産だまし売り被害者と東急不動産工作員の闘いのように。

しかし、性格の悪いアイドル芸能人という設定は両刃の剣である。現実のAKBメンバーに対しても「実は性格が悪いのではないか」などと陰口を叩かれることがある。その種の憶測を強めることになりかねない。林田力『東急不動産だまし売り裁判』でマンションだまし売りの東急リバブル東急不動産の悪徳不動産業者ぶりを描写することとは意味合いが変わってくる。(林田力)
http://hayariki.net/5/36.htm
▲page top

『バクマン。20』 林田力wikiレビュー

2012年09月01日

『バクマン。20』は最終巻である。終わるべくして終わるという、予定調和の最終回になった。当初の構想通りに漫画を終わらせたい漫画家の思いと人気のあるうちは引き延ばしたい出版社の営業的な思惑が衝突する。亜城木夢叶の連載作品『RIVERSI』は正義と悪のダブル主人公という点で『バクマン』の作者の前作『DEATH NOTE』に重なる。『DEATH NOTE』がL死後も続いた展開は実は作者にとって不本意であったのではないだろうか、と思わせて興味深い。(林田力)
http://hayariki.net/5/24.htm
▲page top

『銀の匙 Silver Spoon 4』v 林田力 wiki記者レビュー

2012年08月31日

『銀の匙 Silver Spoon 4』は自分が愛情を込めて育てた家畜の肉を食べるという畜産に携わる者にとって避けては通れないテーマの続きである。本人が自らの手で家畜を殺す訳ではないために衝撃は少ない。しかし、通常ならば出荷して終わりのところを、わざわざ問題に向き合う主人公の姿勢には感銘を受ける。新たに育てることになった家畜への主人公の姿勢も微笑ましい。

中盤は男子エゾノー生が惹かれるモノの謎に迫るギャグ短編である。この話に限らず、この巻ではギャグか冴えている。作者がノリに乗っている印象を受ける。後半は同級生の秘密が登場する。主人公自身は自分の問題を克服していく中で、同級生の抱える問題が話を膨らませる。(林田力)
http://www.hayariki.net/5/29.htm
▲page top

▲page top