忍者ブログ
< 03月 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930 | 05月 >
Home >  > [PR]Home > 林田力コミック > 篠原健太『SKET DANCE』v 林田力 記者wikiレビュー

[PR]

2017年04月24日

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

▲page top

篠原健太『SKET DANCE』v 林田力 記者wikiレビュー

2012年06月16日

篠原健太『SKET DANCE』(スケットダンス)は『週刊少年ジャンプ』で連載中の学園ギャグ漫画である。学園生活の悩みやトラブルを解決する部活動・学園生活支援部、通称スケット団に所属するボッスン(藤崎祐助)、ヒメコ(鬼塚一愛)、スイッチ(笛吹和義)らの活躍を描く。抱腹絶倒のギャグが多いが、ホロリとする人情話もある。

この点で同じく『週刊少年ジャンプ』で連載中の空知英秋『銀魂』と類似するポジションである。一方で両作品の舞台設定は大きく異なる。『銀魂』が天人に侵略された江戸という複雑な背景を背負った架空社会を舞台とする。これに対し、『SKET DANCE』は現実離れしたキャラクターや発明品が登場するものの、現代日本の普通の高校が舞台である。このため、人情話も『銀魂』には大時代的なロマンがあるが、『SKET DANCE』の話には親近感が湧くことが多い(林田力「『SKET DANCE』アニメ化への期待」リアルライブ2010年11月8日)。

また、『銀魂』の笑いがボケにあるならば、『SKET DANCE』はヒメコのツッコミである。特に週刊少年ジャンプ44号(2010年10月4日発売)に掲載された第156話「ロマンが道を往く」はツッコミが冴えていた。男子漫研と女子漫研のマンガ対決で、作品中にマンガが登場し、そのマンガに登場人物が容赦なくツッコミを入れる。

これは同じジャンプ44号に掲載された『銀魂』第326訓「GWあけも見えるっちゃあ見える」と読み比べても面白い。この回の『銀魂』はツッコミ不足を自認する内容であった。ボケキャラが多い中で数少ないツッコミ要員の志村新八が「ツッコミ、サボってた」と自白していた。

『SKET DANCE』は2011年春からアニメ放送も開始された。『SKET DANCE』が表紙及び巻頭カラーとなった週刊少年ジャンプ47号(2010年10月25日発売)上で発表された。

『銀魂』は既にアニメ化されたが、2010年3月に惜しまれつつも放送終了した。アニメ版『銀魂』は原作のテイストを活かし、原作以上に暴走した好作品であった。アニメスタッフが好き勝手やっている感もあるが、原作を読み込み、原作を愛していることが伝わる演出になっていた。アニメ版『SKET DANCE』でも原作の持ち味を活かした暴走が見られるか楽しみである。

『SKET DANCE 24』ではボッスンらが3年生に進級し、新入生も入学する。クラス替えや学級委員の選出、新入生向け部活紹介など新学期の学園イベントが続く。新入生にはスケット団のライバルも登場する。いかにも対抗馬というキャラ造形の中で九州弁の少女が印象的である。美少女的な外見と方言のギャップがモーニング娘。の田中れいなのようなインパクトがある。
http://www.hayariki.net/5/5.htm
PR
▲page top

Comment

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード


▲page top