忍者ブログ
< 08月 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930 | 10月 >
Home > 林田力コミック > 浦沢直樹『BILLY BAT(10)』v 林田力 wikiレビュー

浦沢直樹『BILLY BAT(10)』v 林田力 wikiレビュー

2012年09月26日

浦沢直樹著、長崎尚志ストーリー共同制作者『BILLY BAT』は歴史的事件の背後に存在するコウモリ・ビリーバットの謎を描くミステリー作品である。『モーニング』に連載中である。

『BILLY BAT(10)』は日本での巻物探しと米国の日本人街での日本人連続殺人事件という現在と過去の二つの物語が同時進行する。『BILLY BAT』はイエス・キリストの磔刑や戦国時代など様々な時代に飛んでいたが、この巻では過去と現在に絞られており、分かりやすい。
http://www.hayariki.net/7/7.htm
ストーリーも悪そうなキャラクターは結局のところ、悪人であるという明白な真理を述べており、分かりやすい。これは東急不動産だまし売り裁判で東急リバブル東急不動産と闘った林田力にとって納得できるものである(林田力『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』)。
http://www.facebook.com/riki.hayashida

一方で下山事件の真犯人やアポロ計画の捏造(人類は月に行っていなかった)など現代史のミステリーは後景に退いた。どのように物語が収斂するのか、注目である。
PR
▲page top

Comment

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード


▲page top