忍者ブログ
< 05月 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930 | 07月 >
Home > 林田力コミック > 『信長協奏曲』第5巻、異色の羽柴秀長:林田力

『信長協奏曲』第5巻、異色の羽柴秀長:林田力

2012年01月03日

石井あゆみ『信長協奏曲』第5巻では天下布武に向かって進むサブロー信長の敗北が描かれる。越前・朝倉攻め連戦連勝を続けていたが、絶体絶命の危機に陥る。そこでのサブローの決断は史実通りではあるが、戦国武将的な常識のない平成の高校生的な内容であった。

この巻では秀吉の弟(後の羽柴秀長、豊臣秀長)が登場する。晩年は暴虐な独裁者となった秀吉への評価は分かれるが、秀長には温厚篤実で善良というイメージが圧倒的である。豊臣政権の暴走も秀長の死を端緒とする見方が根強い。秀長が生きていれば千利休の切腹も朝鮮出兵も豊臣秀次の粛正もなかったとの見解もある。

これに対して、『信長協奏曲』では秀長も曲者である。タイムスリップという特殊性なしに歴史物としても純粋に興味深い。

木下藤吉郎改め羽柴秀吉に対しては竹中半兵衛と明智光秀が警戒心を抱く。信長協奏曲で半兵衛は秀吉よりも信長に惹かれている。その半兵衛が秀吉の配下になる理由が見えてきた。

一般に伝えられている歴史では秀吉は柴田勝家と緊張関係にあったが、光秀とは外様同志ということもあって仲は悪くなかったとされることが多い。一方で本能寺の変前夜には秀吉を比較対象とした信長から、プレッシャーを受けていたと描かれることも多い。たとえば大河ドラマ『江~姫たちの戦国~』がある。織田家臣団の人間関係にも大いに注目である。(林田力)
http://hayariki.net/index2.html
東急電鉄が大井町線高架下住民に立ち退きを迫る
http://hayariki.net/tokyu/ohimachi.html
PR
▲page top

Comment

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード

Trackback

URL


▲page top