忍者ブログ
< 03月 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930 | 05月 >
Home >  > [PR]Home > 林田力コミック > 『信長協奏曲』第4巻、魅力的な歴史上の人物

[PR]

2017年04月26日

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

▲page top

『信長協奏曲』第4巻、魅力的な歴史上の人物

2012年01月02日

石井あゆみ『信長協奏曲』第4巻では、美濃を平定した信長は明智光秀を家臣とし、足利義昭を奉じて上洛する。光秀は足利義昭の下から信長の家臣に転身したとする見方が一般的であるが、信長協奏曲では信長ありきになっている。信長と義昭の間には史実同様の溝が生まれるが、間に入る細川藤孝が食わせ者である。ここでも魅力的な歴史上の人物が描かれる。
『信長協奏曲』の信長は飄々としており、怒りを見せない。これは伝えられている信長像との大きな相違点である。比叡山延暦寺の焼き討ちなどの描写が注目される。(林田力)
http://b.hatena.ne.jp/hayariki3/
林田力『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』[本]
http://hayariki.net/index2.html
PR
▲page top

Comment

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード

Trackback

URL


▲page top