忍者ブログ
< 05月 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930 | 07月 >
Home > 林田力コミック > 『信長協奏曲』第3巻、竹中半兵衛や明智光秀が登場

『信長協奏曲』第3巻、竹中半兵衛や明智光秀が登場

2011年12月30日

石井あゆみ『信長協奏曲』は平成生まれの高校生サブローがタイムスリップして織田信長になる青春戦国記である。織田信長の歴史的イメージからするとサブローは線が細く、軽薄であり、好き嫌いが分かれるところである。しかし、佐藤賢一『女信長』では信長を女性と描いたように信長という革新児は普通の武将と懸け離れたところがある。
第3巻は桶狭間の合戦で幕を開け、美濃攻略が描かれる。「今、彼らの協奏曲が始まろうとしている」とのナレーションによってタイトル『信長協奏曲』の理由も明らかになる。タイトルだけでは『のだめカンタービレ』のようなジャンルの作品と勘違いした人もいただろう。
この巻では竹中半兵衛や明智光秀という重要人物が登場する。竹中半兵衛は織田信長よりも秀吉を評価していたと伝えられることが多い。しかし、『信長協奏曲』は信長と直接出会い、信長を認めたような様子である。竹中半兵衛がどのような動機で織田家に仕えるか見どころである。さらに明智光秀も非常にユニークな設定であり、どのように本能寺の変が描かれるか著者の歴史解釈に興味が尽きない。(林田力)
http://hayariki.fukuwarai.net/
wiki林田力ブログ
http://blog.livedoor.jp/hayachikara/
林田力 二子玉川ライズ問題
http://www5.hp-ez.com/hp/hayariki
PR
▲page top

Comment

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード

Trackback

URL


▲page top