忍者ブログ
< 05月 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930 | 07月 >
Home > 林田力コミック > 『信長協奏曲』第1巻、異色なタイムスリップ物

『信長協奏曲』第1巻、異色なタイムスリップ物

2011年12月29日

石井あゆみ『信長協奏曲』は現代の高校生サブローが戦国時代にタイムスリップし、織田信長になりかわる漫画である。タイムスリップ物としては異色である。
第一に主人公が飄々としていて、元の時代に戻りたいという意識が乏しい。タイムスリップの意味や現代に戻るためにどうすればいいか悩むこともない。現代を思い出すシーンもない。
第二にタイムスリップ物におけるタイムスリッパーの最大の強みは未来を知っていることであるが、本書の主人公は勉強が苦手という設定で歴史知識がない。明智光秀も知らないほどである。
主人公の強みは運動能力や視力である。一般に現代人は文明生活によって身体能力は退化している。そのため、肉体的には過去の人々に劣るが、未来を知っているという頭脳面をアドバンテージとする傾向がある。この点で本書の設定は異質である。但し、栄養状態の良い現代人の方が身体能力は高いと考えることもできる。その点では本書はリアリティがある。
第三に結果的に史実に沿っていることである。タイムスリップ物は歴史のIFを楽しむものである。しかし、本書は実際の歴史が史実と異なっており、主人公の言動によって伝えられている史実通りになる。信長は病弱であったが、戦国時代の常識を知らない主人公と入れ替わることで、「うつけ者」と呼ばれるようになる。未来人の過去の言動も折り込み済みで歴史となる「ドラえもん」的な世界である。
http://hayariki.wetpaint.com/news/
林田力オカルト、怪談、幽霊、ミステリー
http://hayariki.or-hell.com/
林田力『こうして勝った』
http://hayariki.blog.so-net.ne.jp/
PR
▲page top

Comment

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード

Trackback

URL


▲page top