忍者ブログ
< 05月 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930 | 07月 >
Home > 林田力コミック > 『イキガミ 10』選択肢を提示する権力の卑劣

『イキガミ 10』選択肢を提示する権力の卑劣

2012年05月03日

間瀬元朗『イキガミ』は国民に生命の価値を再認識させるために「国家繁栄維持法」(国繁)という法制度のある日本に似た「この国」が舞台である。全国民の1000分の1に逝紙(イキガミ)という死亡予告証が届けられ、逝紙が届けられてから24時間後に確実に死ぬ(国繁死)という恐ろしい制度である。松田翔太主演で2008年に映画化された。

『イキガミ』の主人公は逝紙を配達する藤本賢吾である。藤本が逝紙を配達することで、受け取った相手は自分が24時間後に死亡するという辛い現実を突然知ることになる。その現実に直面した本人や家族の葛藤が物語の中心である。逝紙配達後24時間で死亡するという設定は絶対的で、制度を曲げて人情味のある結末にはならない。暗い絶望的な結末が多いが、その圧倒的な絶望感に引き込まれる読者も多い。

24時間後に死亡するという絶望的な状況に置かれた若者の様々な行動をオムニバス的に描いてきた『イキガミ』であったが、ようやく制度に問題意識が向かってきた。イキガミの存在理由が明かされる中で浮かび上がったものは権力の卑劣さである。

人間は少しでも自分にメリットのある選択をしようとする。そこに権力は付け込む。最悪の選択肢と最悪より少しましな選択肢を与えることで、自発的に後者を選択するように仕向ける。与えられた選択肢の中で少しでも良い選択をすることに汲々とするのではなく、選択肢を提示する非合理な制度そのものを疑問視しなければならない。

これは林田力にも思い当たる。林田力は東急リバブル東急不動産から不利益事実を隠して新築マンションをだまし売りされ、消費者契約法に基づき売買契約を取り消し、売買代金全額を取り戻した。裁判中には契約の取り消しは難しいから、損害の填補で我慢しろというような圧力を受けたこともある。損害の填補は泣き寝入りよりは、ましである。しかし、東急不動産の問題物件に住み続けなければならない。よりましな選択という枠組みに囚われず、契約の取り消しという根本的な解決を貫いた(林田力『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』ロゴス社)。

『イキガミ』では国繁という欺瞞の体制の行く末は描かない。主人公が語るように結末は逃避である。しかし、国民の大部分が露骨な徴兵には怒りを示しても、与えられた選択肢の欺瞞に気付かず、よりましな選択をしてしまう状況では、逃げるという選択を非難できない。
http://yaplog.jp/hayariki/archive/621

現代の日本には国繁のような露骨な不合理は存在しない。しかし、体制側が不合理な選択を迫る状況は珍しくない。福島原発事故に対する東京電力の損害賠償案は一例である。雀の涙ほどの賠償金で我慢するか泣き寝入りするかを迫るものだからである。日本の庶民の側にも他の同種被害者よりも少しでも美味しい思いをしようと個別取引に乗っかり、自分よりも悲惨な境遇の人を下方比較することで満足する醜い傾向があることを否めない(林田力「区画整理・再開発反対運動の脆さと方向性(上)」PJニュース2010年8月30日)。
http://hayariki.net/manga.htm#19
主人公はラストで希望を持って目的地を述べたが、そこまでの希望が今の日本に存在するか、読者に難しい問いを突き付ける。(林田力)
PR
▲page top

無題

2012年11月21日(水) 18:37

主人公はラストで希望を持って目的地を述べたが、そこまでの希望が今の日本に存在するか、読者に難しい問いを突き付ける。(林田力)

http://philnichole.anime-navi.net/ (URL編集

Comment

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード


▲page top