忍者ブログ
< 05月 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930 | 07月 >
Home > 林田力コミック > 『ばくだん』幕末ならば時代遅れのヤンキーも新鮮か

『ばくだん』幕末ならば時代遅れのヤンキーも新鮮か

2011年10月15日

本書(加瀬あつし『ばくだん!幕末男子 第1巻』講談社、2011年)は、週刊少年マガジン連載漫画の単行本である。基本的に同じ著者の人気作品『カメレオン』と同じノリである。ダメ高校生が運に味方されて成り上がる。大きな相違点は主人公が幕末の京都にタイムスリップしたことである。新撰組の近藤勇や土方歳三が登場する。
『カメレオン』は主人公がヤンキーとして成り上がる作品であったが、連載の長期化によってヤンキー自体が時代遅れの恥ずかしい風俗になった。それには『カメレオン』も敏感で、後半ではヤンキーが時代遅れであることを風刺する自虐的なギャグも登場する。さらにラストは大学受験というヤンキーとは無縁のイベントが展開された。これは現代におけるヤンキー物の行き詰まりを象徴する。
これに対して、『ばくだん』は舞台を幕末として新撰組をヤンキー集団的なノリで描いている。ヤンキーが時代遅れになったならば、過去を舞台に描けば新鮮になる。武士以上に武士らしさを追求した新撰組をヤンキーにたとえることは、マジメな新撰組ファンには噴飯ものであるが、ヤンキー物を描いてきた漫画家なりのユニークな歴史観の提示になっている。(林田力)
http://hayariki.ichi-matsu.net/
林田力hayariki韓国ドラマ
http://hayariki.yotsumeyui.com/
忍者
http://profile.ninja.co.jp/hayariki
PR
▲page top

Comment

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード

Trackback

URL


▲page top